自分の身は自分で守る~蜂の巣退治&駆除の方法は1つじゃない~

蜂の巣退治の種類を把握しておこう 蜂の巣退治の種類を把握しておこう

手遅れになる前に早めに蜂の巣退治を!

ハチ

玄関を出た途端、ブンブンと音が聞こえると見上げたら、軒先に大きな蜂の巣ができあがっていたという経験をしたことがあるという人も少なくありません。大きくなると蜂の数も増えるので、蜂の巣退治はなるべく早めに行うことが大切です。

蜂の巣退治には3つの方法がある

自分で駆除する
自分で駆除する場合は、蜂の巣退治グッズをまずは揃える必要があります。防護服、長い棒のついた虫取り網、大きなゴミ袋、蜂用の殺虫スプレーなどホームセンターなどで買い揃えておきましょう。離れた場所から殺虫剤を蜂の巣に噴射し、虫取り網を使って巣を落とします。虫取り網がない場合は、同等の長さのある棒を使います。落ちてきた蜂の巣を袋に入れ、さらに袋の中で殺虫菜を噴霧して退治します。黒い色は蜂を寄せ付けるので、その点も留意して行いましょう。
専門業者に依頼する
蜂の巣退治専門業者の場合は、家の持ち主に代わって作業してくれるため身の危険がないですが、依頼するためどうしても料金が高額になってしまうというデメリットもあります。専門業者では、蜂の種類によって料金が違い、危険度が増すほどに料金も高額になるのが一般的です。また、蜂の巣ができている場所、すなわち駆除が難しい場所かどうかによって追加料金が発生するケースもあります。専門業者に依頼する場合には、あらかじめ蜂の巣を観察して蜂の種類を特定してから連絡する方がスムーズです。
市役所に依頼する
家や敷地内など公共の場所でない場合は対応してもらえない市役所もありますが、スズメバチなど危険度が高い蜂の場合は、市役所に駆除をお願いできる場合もあります。料金が無料なところもあれば、比較的リーズナブルな値段で行ってくれるとこともあります。駆除をしてもらえない場合でも、道具の貸し出しや業者の紹介などのサービスがある場合もあるので、蜂の巣を見つけたら自分で駆除する前に、まずは市役所へ相談してみることをおすすめします。

費用をかけずに蜂の巣退治をしよう

家や敷地内で蜂の巣を見つけた場合は、早急に駆除することが必要です。できるだけ費用を抑えた方法はあるのでしょうか。

住んでいる地域によっては無料で蜂の巣退治してくれる(20代/男性)

家の屋根のすき間に蜂の巣を見つけたので、どうやって駆除しようかと市役所に電話しました。業者を紹介してもらえたらいいなぁくらいの気持ちで電話したのですが、巣を作っていたのがスズメバチだったので、市役所が無料で業者を派遣してくれ、駆除してくれました。スズメバチに刺されたら生死にも関わると聞いたことがあるので、大変助かりました。

住んでいる地域の市役所の対応を調べてみましょう

蜂の巣退治は、地域によって市役所の対応が異なります。無料で蜂の巣を駆除してくれるケース、業者を紹介し費用の補助してもらえるケース、業者の紹介だけで費用の補助がないケースの3パターンがあります。ですから、あらかじめ市役所の対応を調べておくと安心です。

TOPボタン