蜂の巣退治を役所に依頼する際の注意事項

蜂の巣退治の種類を把握しておこう 蜂の巣退治の種類を把握しておこう

蜂の巣退治を市役所に依頼する判断基準

自宅や敷地内に蜂の巣を発見した際、自分で駆除したものかと判断に迷うことがあります。どのような条件であった場合に市役所への連絡をした方が良いのでしょうか。市役所に依頼する時の判断基準をまとめましたので、チェックしてみてください。

簡単に判断できるチェックポイント

高い場所に蜂の巣がある時
蜂の巣の場所があまりにも高い場所にある場合は、個人で駆除するのが難しい場合があります。その際には、一度市役所に相談してみましょう。また、蜂の巣を見つけても、蜂が巣立った後で、その巣が使われていないようであれば放置しておいても大丈夫です。しかし、巣を発見したらむやみに近づかず、少し離れた場所からその巣が使われているのかどうかを見極めましょう。
スズメバチの蜂の巣の時
ミツバチなどは益虫といって、花やイチゴなどの果実の受粉を手伝ったり、人間が恩恵を受けていったりする部分も多くあります。また、危害を加えなければ攻撃してくることもありません。反対にスズメバチは危害を加えずとも、巣の近くにいるだけで攻撃してくる凶暴性があるので注意が必要です。スズメバチの巣を発見したら早急に対処することをおすすめします。
家の中に蜂の巣がある時
床下や家の中、天井裏や玄関先など生活圏内に巣がある場合は危険度が上がるので、注意が必要です。特に、行き来する人の周りを飛び回ったり、威嚇しているような音を発している場合には刺される危険があります。危険が高いと判断した場合には、直ちに連絡を入れるようにしましょう。特に、蜂の巣が15cmを超えるようでは個人での駆除は難しいでしょう。

市役所によっては補助金を支給している

女性

市役所によっては、無料の蜂の巣退治とまではいかずとも、補助金を設定している場合があります。その際には、市民税の滞納をしてないかどうか、スズメバチかどうか、日常的に人が出入りして刺される危険性や緊急性があるかなどの一定の条件が付くことが一般的です。補助金は個人だけでなく、自治会が対象になるケースもあります。

TOPボタン